閉じる
  1. 入園入学準備にお名前シール、便利です!
  2. 買ってよかった、エルゴ収納カバー!
  3. 出産準備に買ってよかった湯上りガーゼ!
閉じる
閉じる
  1. 切迫早産体験記⑨(ママ退院後からお金のこと)
  2. 切迫早産体験記⑧(出産から退院まで)
  3. 切迫早産体験記⑦(2回目の入院 その2、出産まで)
  4. 切迫早産体験記⑥(2回目の入院 その1)
  5. 切迫早産体験記⑤(二回目の入院。お兄ちゃんの様子)
  6. 切迫早産体験記④(一回目の退院~二回目の入院まで)
  7. 切迫早産体験記③(しない方がいいこと)
  8. 切迫早産体験記②(入院一回目)
  9. 切迫早産体験記①(切迫早産診断前から入院まで。)
  10. 七五三は自前の袴でどうでしょう!
閉じる

yukema07

切迫早産体験記⑥(2回目の入院 その1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GW体調を崩してしまいました。。。

少し間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

今回は2回目の入院のママの様子です。

 

2015年5月27日(33週6日)

夜中3時に出血して、

頸管長0.7㎝、子宮口2センチ開く

状態で入院。

ウテメリン20A10ml点滴。

2時間ほどで症状が落ち着いたので切迫早産の方が入院している病室へ移動。

1回目の入院の際、部屋移動の時徒歩で移動したが、今回は車いすでの移動だった。

前回の入院から10日ほどしか経っていなかったのに、すべての人が入れ替わっていて少し驚いた。

 

トイレに立つだけでかなりお腹が張る。

出血はだらだらと続いていた。

回診の際に、

「この出血はおしるしだからね。何とか6月生まれにしようね」と言われた。

このときは、トイレに立たなければお腹が張ることはほとんどなかった。

 

2015年5月28日(34週0日)

当初目標にしていた34週になった。

もし、お産になったとしても、このまま産めると思うだけでもかなり気が楽になった。

午前中に赤ちゃんの大きさを測った。

一般の外来の方と同じところでしか測れないので、多くの人の目に留まる。

パジャマで車椅子で点滴してて、すっぴん。

かなり恥ずかしかった。。。

前回入院の時は、点滴を外していたのでそこまで目立たなかったのだが、今回はフル装備だったので、目立って仕方ない。。。

赤ちゃんのため、と思い、見られても気にしないことにした。

 

測定はかなり慎重にしてくれた。

2人に測定していただき、誤差が多いようだったらもう一人にしてもらうという形。

お腹を触るだけで刺激になってしまうので、できれば2人で終わらせたいとのことだった。

結果、2人とも推定体重2,100グラム強あると測定。

 

赤ちゃんの体重も2000グラム超えていそうだとのことで、いつ生まれてもいいよ、と思えるようになった。

 

それでも、できれば36週までお腹にいてほしいとの思いが強かった。

万が一産まれてもいいけれども、できればお腹にいてほしい。

1日が、1時間が本当に長く感じる毎日だった。

 

2015年5月29日(34週1日)

出血は相変わらずあり、トイレに行くとお腹が張る。

横になっていれば、張りは収まる。

ウテメリンの量も変わらず20A10ml。

副作用も、手が少し震えるくらいで、特に気になるものはなかった。

朝夕のモニター上では定期的に張りがあるが、痛みは伴うものではなかった。

痛みが伴うようになったら陣痛だからすぐに知らせるようにと言われた。

 

20時ころ、20分から30分に一度くらいの間隔でお腹が痛くなった。

看護師さんに伝えると、心配ならモニター付けるが、経費が掛かるがどうするか?と言われた。

夜に張りがあって、昼間は収まるということも多いと言われた。

眠れないほどの痛みではなさそうだったので、痛みが増したり、定期的になるようだったら、ナースコールするということにした。

 

2015年5月30日(34週2日)

無事に何事もなく朝を迎えられた。

お腹の痛みも夜中続くものではなく、1時間に1回だったり、30分に1回だったりかなりばらつきがあった。

6時ころには落ち着いていた。

モニター上では定期的に張りがある。

痛みが伴うわけではないと伝えると、

点滴ですべてを抑えられるわけではない。お産が始まったら何をしても止められないよ、

と言われる。

 

私の気持ち的に。お腹にいてほしいことは間違いないが、赤ちゃんが産まれたいというのであれば、どんと来い!という感じだったので、何を言われても大丈夫だった。

34週過ぎたのと、推定体重が2100gあったことがかなり大きかったと思う。

 

夕食の時間のころ、お腹の痛みがあるようになった。

夜のモニターをつける際に看護師さんに伝えた。

20から30分間隔で、確実に痛みを伴う張りがあった。

出血の量も少し増えていた。

一度、内診をするということになった。

 

子宮口4センチ。

 

なんとかもう少しお腹にいてもらおうと、点滴の量を増やした。

ウテメリン20A20ml。

念のため、陣痛室へ移動。

この時にお産セットをもらった。

出血の量が明らかに増えていたので産褥パッドをつけた。

Sサイズで収まるが、程よく血まみれになる程度なので、生理2日目と同じくらいの出血量だったと思う。

 

土曜日だったので、パパと実家へ戻っていた母へ連絡。

パパはお兄ちゃんがいて自宅を離れることが難しいので、母がすぐに病院へ来てくれた。

 

ウテメリンの量が増えたので、かなり手が震えた。

ウテメリンが増えて2時間ほどしたころ、痛みを伴う張りが収まってきた。

この日は、このまま産まれそうもないとの判断で、母は帰宅。

私は、陣痛室近くの病室へ移動した。

出血は相変わらず,生理2日目くらいの量だった。

 

長くなってしまったので、今日はここまでにします。

 

mama’s smileでは、ママがあったらうれしいなというものを私の主観でピックアップして紹介しています☆

お暇なときにのぞいていただけたら幸いです!

http://mamas-smile726.com/

 

 

ママの笑顔は家族の笑顔♪

今日もママの笑顔のために。

mama’s smile

 

 


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. 切迫早産体験記⑧(出産から退院まで)

  2. 切迫早産体験記③(しない方がいいこと)

  3. 切迫早産体験記⑦(2回目の入院 その2、出産まで)

  4. 切迫早産体験記②(入院一回目)

  5. 切迫早産体験記④(一回目の退院~二回目の入院まで)

  6. 切迫早産体験記①(切迫早産診断前から入院まで。)

おすすめ記事

  1. 買ってよかった、エルゴ収納カバー!
  2. 入園入学準備にお名前シール、便利です!
  3. 出産準備に買ってよかった湯上りガーゼ!
AD

<バイナビからのお知らせ>

3月1日からバイナビから新サービス開始しました!
その名は『トクナビ』です! 





商品をお試し頂くだけで、
最大、プラス報酬までGETできる『トクナビ』!!
最短5分!手軽で簡単に高収入GETのチャンスも♪


■方法は簡単!!
試したい商品を購入します。
購入後、バイナビFacebook・Twitterへのシェアや簡単なレビューを書くだけ→商品と成果報酬GET!!
実質0円で商品をお試し頂くことも可能!!


『トクナビ』詳細はこちらから♪

ページ上部へ戻る