閉じる
閉じる
閉じる
  1. 俺の 勉強したくない・・・
  2. 俺の PDCAって必要・・・??
  3. 俺の モテる人、モテない人の差
  4. 俺の 成功する人が絶対に使わない言葉
  5. 俺の 誘惑に負けない!!
  6. 俺の 無料(タダ)病の恐怖
  7. 俺の 負ける人の原因究明
  8. 俺の 小さい芋を掴むだけ
  9. 俺の 他人を攻撃しない習慣
  10. 俺の 断ることで人生豊かに
閉じる

takeima11のバイナビブログ

俺の 小さい芋を掴むだけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん

おはこんばんにちわ

 

 

 

 

 

タイトルのとおり

 

芋を掴むだけなんです。

 

小さい芋を掴むと

その先に芋がついてくるという考え方なんでね。

 

 

 

これやばい話なんです。

 

 

 

たった一個のチャンス

たった1個のその芋を掴むだけで

次々に芋がついてくるって話です。

 

 

 

例えば

早起きしよう!!

っと思ったとします。

それだけでいいんです。

 

 

 

いやいや

早起きするなら

早起きした後、あれしてこれしてあれしてってしないと

早起きした意味なくないですか?

って思うと思うんです。

 

 

 

 

だから続かないんです!!!!

 

 

 

 

 

 

 

あれもこれもってなるから

しんどくなってやめてしまうんです。

 

なので早起きをすることだけでいいんです

最初は。

 

 

 

 

 

 

早起きをしたとします。

できたら、できた自分を褒めてあげましょう!!

俺早起きできたーーーー〜!!!!!

 

 

そしたら、自然と何かしようと思います。

朝日が照らしているベランダに出て太陽の火を浴びながら

コップ1杯の水でも飲んでみようかな。

早起きしたからゆっくり朝食をしっかり食べよ!

そしたら午前中の仕事の生産性上がったな

仕事がはかどるから部下や上司に優しく接することができて

ランチが楽しくなる

話が盛り上がり午後の生産性も上がる

生産性が上がったから定時に仕事が終わり

夕方から習い事、英会話やジムに行こうかな

心が充実してくるから

奥さんにも優しくできる

そうなるから家庭円満になり仕事がうまくいく

 

 

 

 

これ何が起きましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって

最初のちさな芋を掴んだだけなんです。

早起きしただけですよね。

 

 

 

いや、早起きしたら誰でもそうなるわけではないですよ

 

 

 

 

ただ、早起きというのは例であって

何事も小さな芋を掴むことでその後が変わってくるということです。

 

 

 

 

何か偉業を成し遂げている人は

小さな芋を掴むのがうまいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

普段から意識しているからです。

たくさんのことではなく小さな芋をです。

 

 

 

 

 

 

人との出会いもそうですよね?

 

 

 

 

 

 

 

今お付き合いしている人

夫婦関係

親友

 

最初は、小さなきっかけがあって話をして

その後も続いているんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

そうなんです。

 

だから

小さな芋を掴むことだけを大事にすれば

あとは芋がついてきます。

 

 

 

 

 

 

この考えがあれば

チャンスを掴むことが

すごい簡単に思えないですか?

 

 

 

 

 

小さい芋でいいんです。

 

 

 

何気ない一言でもいいんです。

 

 

 

小さな出会いでもいいんです。

 

 

 

 

 

 

チャンスは目の前にあります。

 

 

 

 

掴むかどうかはあなた次第。

 

 


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. 俺の タピオカブーム

  2. 俺の 人生の転機

  3. 俺の 間違った愛の伝え方

  4. 俺の 長生き味噌汁

  5. 俺の 店長の育て方

  6. 俺の 断ることで人生豊かに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る