閉じる
閉じる
閉じる
  1. ハチミツってすごい♪
  2. ビールの栄養素!
  3. ロコモにご注意!
  4. ミドリムシってきたことありますか?
  5. 添加物は…老化を早めます!
  6. 体の60%は水分です♪
  7. ファイトケミカル
  8. ひなまつり♪
  9. 花粉にお悩みいませんか?
  10. バレンタイン・ホワイトデー
閉じる

takap0910

ビールの栄養素!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。

 

みなさんは、普段からアルコールを摂取し、ビールも飲まれる方も多いと思います!

ただ、イメージとして健康に悪そう。…だけど、美味しくてついつい飲んでしますよね!

今回は健康に対してあまりいいイメージのないビールの栄養面について紹介させていただきます!

 

ビールに含まれる栄養って?

ビール腹とは、ビールを飲み過ぎてお腹がぽっこり出てしまっている人の代名詞としてよく使われていますが、驚くべきことに、ビールとビール腹には何の関係性もないことが、近年の研究によって明らかにされています。つまり、お腹が出ている原因は、単なる運動不足であると考えられているのです。

種類によって違いはあるものの、ビールには体の主要なエネルギー源である炭水化物、肌の構成成分でもあるたんぱく質、代謝を助けるビタミンB群、体の働きを保つミネラルがバランスよく含まれています。
ビールに含まれる酵母には、糖質の分解に関わるビタミンB1、糖質や脂質の代謝を促進するビタミンB2、老化を防止するビタミンB6、赤血球を造るビタミンB12が含まれているため、ビールはまさに「ビタミンBの宝庫」なのです。

また、ビールの原料であるホップには、気分を落ち着かせたり、胃液を分泌させたり食欲増進する作用もあります。

 

ビールを飲む時に注意したいこと

ビールにも嬉しい効能があることがわかりましたが、カロリーを気にせずにどんどん飲んでいいかというと、そうではありません。

「糖質0」や「カロリーオフ」などのビールが出回っていますが、アルコールには内臓脂肪を増やす働きのある成分も含まれているため、飲む量の加減をしないと当然、太る可能性があります。

摂取する量としては、1日1リットル。つまり、500mlの缶2本分にあたり、中ジョッキだと2杯分を目安にするとよいでしょう。しかし、肝臓を休めることも大切ですので、休肝日を1週間に1日以上設けることが必要です。

 

健康の為にビールを飲む!という意識の人は少ないかも知れませんが、飲みすぎなければビールもいいものですね!

あくまで、適量が良いということなので、みなさんは決まりを守って愛飲してくださいね♪


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. お酢の味に自信あり!

  2. やみつき餃子♪

  3. 手延べそうめん、黒ゴマそうめん

  4. だんだんと寒くなってきましたね。

  5. ミドリムシってきたことありますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る