閉じる
閉じる
閉じる
  1. ハンギングチェーンを活用しよう!
  2. キャンプ場の守るべきマナー
  3. タープ泊のススメ!
  4. Fazitripのコットはベストコスパ!
  5. ファミキャンにはひするまキャンプ場がベスト!?
  6. トランクカーゴボックスって実際どうなの?メリットデメリットは?
  7. 羨ましくなるキャンパー!ってどんな人?
  8. ソロキャンプって寂しい?癒されますよ!
  9. プレゼントに最適なアウトドア用品とは?
  10. スノーピークギガパワーランタン天オートの良さ
閉じる

na0yuraのバイナビブログ

格安キャンプ場(河原)のメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さてどこでキャンプをしようか?

と検索をしていると、、おっ!1人1000円か!ここは駐車場代のみ!ここは1サイトで3000円!ここは無料!?

等々様々な格安キャンプ場がありますよね。

そこで格安キャンプ場のメリットデメリットを紹介しましょ〜

 

メリット

①安い

・当たり前だけど大きなメリットですよね。場所代だけで5000円以上かかると「んーキャンプじゃ無くても良いかな?」と思ってしまったり、確かに高めなキャンプ場の方がトイレ綺麗!地面も平!(綺麗に整地された芝生だったり)貸し出し自由!温泉完備!等々、個人差はありますが、「普通の旅行でも良かったかな?」と思ってしまう事も、

②時間に縛られない

・もちろん全ての格安キャンプ場がそうではないですが、チェックイン、チェックアウト時間にゆとりがあったり、そもそもチェックイン、チェックアウトの規定が無かったり(笑)10時チェックアウトだと、朝寝過ごすとキャンプでは大忙しです、テントの撤収、細かな道具の収納(できれば寝袋や寝袋タープ類、テーブルウェア類綺麗にしてから帰りたい)

なので時間に縛られないはめちゃくちゃメリットですよ!

③自由度が高い!

・格安キャンプ場ではサイトが細かく決められていない場合も多く、付いてからのレイアウトを考えるのが楽しい!

「ここにタープとキッチンにして、導線を考えるとテントはここかな?焚き火台はここがベスト!」等々

自由度の高いサイトで良いレイアウトができると、それだけで満足度が格段に上がります。

自分のキャンプレベルが上がる喜びは「次はいつやろう?」とモチベーションにもつながりますね^ ^

 

ではここからはデメリット

①トイレが汚れているかも

・夜トイレ行きたくないなーって思わせる汚さだったり、男はまだ良いですが女性には辛いかも?

②ゴミが捨てられないかも?

・ゴミを捨てていけるキャンプ場はめっちゃ便利、帰りの方が荷物減りますからね、格安=ゴミ捨てていけないではないですが事前に知っておくと良いですよ^ ^

③地面が平じゃないかも?

・ 地面が平らなところ探すの難しかったり、意外と少しの傾きが寝る時の違和感につながって、起きた時「なんか体痛い、、、」ってなります、できるだけ平らなところ、低くなっているところは避け(雨が降った場合を考慮して)テント設営をしよう!

 

メリット、デメリットあげましたがどんな状況でも工夫で乗りきれるもんです!

さぁ!格安キャンプ場(河原)でキャンプしてみよう!


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. みんなはどんなキャンプをするのか?

  2. 春のキャンプ(服、アイテム)どうする?

  3. 10年前のキャンプ本

  4. キャンプで何履く?

  5. あなたはどのランタンを選ぶ?

  6. 未経験からのキャンプ入門

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る