閉じる
  1. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  2. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  3. 【当サイト『花於菟』について】
  4. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  5. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  6. 季節の薬膳〜基本編〜
  7. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  8. 漢方の最高峰【冬虫夏草】
  9. デザートに合う生薬・薬膳食材
閉じる
閉じる
  1. 【当サイト『花於菟』について】
  2. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  3. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  4. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  5. 季節の薬膳〜基本編〜
  6. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  7. 五味子(ゴミシ)と五味調和
  8. アレルギーと薬物非アレルギー
  9. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  10. 風邪(ふうじゃ)と六淫
  11. 漢方薬の決まりごと
  12. キンモクセイの甘い香り【桂花茶】
  13. 秋の乾燥に薬膳食材【白キクラゲ】
  14. 生活習慣の気になるかたに【サルノコシカケ茶】
閉じる

花於菟~はなおと~ショップブログ

【当サイト『花於菟』について】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイコン

当サイト【花於菟〜はなおと】は、和漢膳(日本薬膳)を中心に、薬膳・漢方・中国茶を紹介いたします。

*********************
【和漢膳について】
1) 薬膳の文化
薬膳は元々、中国で「食べ物こそ薬(薬食同源)」とされていたことから、日本人がそう呼ぶようになったらしいです。しかし日本で「生薬」と言われているものが向こうでは普通に「食材」として使われているようです(笑)それは日本で生薬と呼ぶものが向こうでは「健康の為に食べて当たり前」の食材だからです。

2) 和漢膳とは?
中国の「薬膳」を日本に導入するに当たって、日本人の体・食生活などに合った形でアレンジしたものを称しているのです。つまり日本の薬膳です。

3) 薬食同源
夏に体温を下げるスイカを食べる、冬に体を温める生姜を入れる。焼きサバに消化を助ける大根おろしを添える。貧血にはレバーを。免疫向上には亜鉛豊富なシジミをetc.
「理にかなった食材・料理」を取り入れることが既に「薬食同源」なのです。

4) 未病と薬膳
昨今、「検査で異常は無いのに体調が悪い」という人が目立つらしいです。それが東洋医学では「未病」と分類されます。病院では治療法がないという「未病」こそ、薬膳の活躍舞台となります。

未病の症状はとにかく様々。なので慎重に細かく見る必要があります。
例えば、

・冷えか暑がりか
・舌が白いか赤いか
・下瞼が白いか赤いか
・爪が薄く欠け気味か
・顔が青白いか赤いか
・脈は弱いか早いか etc.
と絞り込んで行けば、その人の状態がわかり、オーダーメイドで、「あなたはこの食材は控え、この食材・この生薬を摂取するといいでしょう」という助言が出てきます。
(専門的には更に五行や陰陽の性質なども踏まえるようですが)
体質の分類についてはこちら

5) 生薬と漢方薬の違い
生薬は薬効の知られた食材や栄養価の高い食材(まれに食材でもないのもありますが)です。
漢方薬は、生薬を組み合わせて処方された東洋医学の処方薬です。組み合わせにもまた何を優先するか、配伍七情というルールのようなものがあります。

西洋医学の即効・局所の作用と異なり、薬効が幅広く、連動する症状も一緒にゆっくり改善していくものが多いです。もちろんピンポイントで即効性のあるものもあります。漢方薬の薬効が広い理由としては、西洋医学の薬に含まれる成分はほぼ単体なのに比べ、含まれる成分がひとつではないのも特徴です。

6) 薬膳の使いどころ
薬膳は、未病では食事に生薬を入れ、改善を目指して「病気」への進行をストップさせます。また健康な人はその維持増進・病気予防を目指すことにも繋がります。
貝原益軒の『養生訓』には、「腹八分」の教訓も記されており、食べ物があふれる現代の日本においては、その精神もまた、「薬膳」のひとつなのです。

*********************

当サイトでは、このような根拠に基づいて、私漢膳をもっと浸透させたく、薬膳・漢方・中国茶の関連商品をご紹介させて頂きます。
女性だけでなく男性も閲覧歓迎です。また年齢層に制限もありませんので、ぜひ、和漢ライフの手助けになればと思います。

*********************
●季節の薬膳については ⇒こちら
●季節の薬膳メニューや食材ご紹介は ⇒こちら
●東洋医学の体質分類については ⇒こちら
●中国茶・花茶・工芸茶
については ⇒こちら

*********************
ホームページ→ 花於菟〜はなおと〜
他ウェブ→  フェースブック(個人)

【管理人プロフィール】
1986年生まれ・大分県出身・在住

資格/学位: 管理栄養士、和漢薬膳食医、医学修士

職歴: 化粧品会社の研究員(原料開発/皮膚 関節 頭皮など全身の炎症や免疫 痛みの機構をvivo,vitroで研究) →精神科の厨房 →中華料理店 →ドラッグストア

趣味/活動: 水墨画、書道、陶芸、乗馬、四書五経など


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. 20170406_5

    東洋医学での体質分類【食材ご紹介】

  2. IMG_1163

    ビールは女性の味方【薬用ハーブ ホップ】

  3. 20170322_2_5

    季節の薬膳〜食材,メニュー編

  4. nke33002

    食べて綺麗になりたい女性へ【アガベチョコレート】

  5. 20170422_1

    清熱・解毒・血行促進やむくみ解消に【タンポポ茶】

  6. 20170315_2

    漢方の最高峰【冬虫夏草】

おすすめ記事

  1. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  2. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  3. 【当サイト『花於菟』について】
  4. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  5. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  6. 季節の薬膳〜基本編〜
  7. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  8. デザートに合う生薬・薬膳食材
  9. 漢方の最高峰【冬虫夏草】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る