閉じる
  1. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  2. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  3. 【当サイト『花於菟』について】
  4. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  5. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  6. 季節の薬膳〜基本編〜
  7. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  8. デザートに合う生薬・薬膳食材
  9. 漢方の最高峰【冬虫夏草】
閉じる
閉じる
  1. 【当サイト『花於菟』について】
  2. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  3. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  4. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  5. 季節の薬膳〜基本編〜
  6. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  7. 五味子(ゴミシ)と五味調和
  8. アレルギーと薬物非アレルギー
  9. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  10. 風邪(ふうじゃ)と六淫
  11. 漢方薬の決まりごと
  12. キンモクセイの甘い香り【桂花茶】
  13. 秋の乾燥に薬膳食材【白キクラゲ】
  14. 生活習慣の気になるかたに【サルノコシカケ茶】
閉じる

花於菟~はなおと~ショップブログ

漢方薬の決まりごと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬膳・漢方・中国茶をご紹介するサイト「花於菟(はなおと)」です。

今回はとりわけ商品紹介は無いのですが、ちょっとした小話をおすそ分け致します。

——

「この漢方薬で頭痛が治りますか?」

というようなメッセージを時々頂く機会があります。

私も返答に困り、

「その場の頭痛だけを和らげるとなると、一般の頭痛薬が一番効果があります」と言う答えになってしまうのです。

「痛み」だけをターゲットに細胞の分子レベルの試験まで合格して開発された、確実な「薬剤」ですからね(^◇^;)

 

そのかたが、「頭痛に悩まされていて、それを漢方薬で治したい」なら、返答は180度変わります。

「どうか漢方医にご相談をお願いします。」

医者ではないため、出来ないのです。

——

お医者さんであれば、

・冷えがあるか(冷えからの頭痛か)

・汗が出ているのか(のぼせなのか)

・生活リズムは規則的か

・血行は悪いほうか(肩こりからの頭痛か)

・むくみやすいか(低気圧で脳内の水分が増えたのか)

・風邪によるものなのか

エトセトラ、聞きこみます。

そして本人を前にして、顔色や体格、性格、体質、声色や目と舌の感じ、体を触った感じ(脈や温度、皮膚の状態など)諸々の(専門用語では八綱弁証という)「証」つまりその時点のその人「全て」の状態を診て、適応する漢方薬を決めなければなりません。

その上で、「頭痛の根本的な原因」を取り除き、更にその人にとって一番相応しい心身の状態に持っていくことが漢方の目的なのです。

——

私のアドバイス出来る事と言えば、「これが原因なら、この生薬」というぐらいなのです。

漢方薬というと目的に合わせて生薬を組み合わせた「薬」ですので、それを紹介することは出来ません。

あくまで「食品」という形で生薬を処方した薬膳を扱うのが、私の役目となります。

——

・冷えからの頭痛には: 体を温めるもの(生姜や桂皮、辛味のものや赤身肉など)

・のぼせの頭痛には: 体内の鬱憤を散らすもの(菊花やシソの葉、ニラ、柑橘類など)

・生活リズムの乱れによる頭痛には: 自律神経を整えるもの(高麗人参や茉莉花、牡蠣、イチジクなど)

・血行不良による頭痛には: 血液の流れを良くし、コリをほぐすもの(紅花や高麗人参、当帰、松の実など)

・むくみによる頭痛には: 低気圧により水分が体の上方、脳や脇の下、首などに溜まり、外に出にくいため、利尿効果のあるもの(ハトムギや杜仲、緑豆、コーヒーなど)

——

いちおう私が発言出来るのはここまでとなります。

「風邪(ふうじゃ)」が原因となると、それこそ漢方薬または専門医のお仕事ですからね。「寒邪(かんじゃ)」「熱邪(ねつじゃ)」でまた処方も違うことでしょう。私はパブロン派です(笑)

では皆様、これからようやく寒くなりますので、「風邪」にはお気をつけてお過ごしください。

——

以上、花於菟(はなおと)からでした。
こちらのブログはポータルサイト「バイナビ」からもご覧いただけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●季節の薬膳については ⇒こちら
●季節の薬膳メニューや食材ご紹介は ⇒こちら
●東洋医学の体質分類については ⇒こちら
●中国茶・花茶・工芸茶
については ⇒こちら


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. IMG_0901

    ベトナムの花茶【蓮花茶】

  2. 香ばしい【茶がゆ】レシピのご紹介

  3. 20170213_4

    楊貴妃も愛用したスーパーフード【クコの実】

  4. 20170210_1

    乾燥する髪に【モロッカンオイル トリートメント】

  5. 82686A28-4899-469B-976B-C0B3DD1174B1

    風邪(ふうじゃ)と六淫

  6. 20170324_2

    上品な茶会に【中国茶器セット】

おすすめ記事

  1. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  2. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  3. 【当サイト『花於菟』について】
  4. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  5. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  6. 季節の薬膳〜基本編〜
  7. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  8. デザートに合う生薬・薬膳食材
  9. 漢方の最高峰【冬虫夏草】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る