閉じる
  1. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  2. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  3. 【当サイト『花於菟』について】
  4. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  5. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  6. 季節の薬膳〜基本編〜
  7. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  8. デザートに合う生薬・薬膳食材
  9. 漢方の最高峰【冬虫夏草】
閉じる
閉じる
  1. 【当サイト『花於菟』について】
  2. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  3. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  4. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  5. 季節の薬膳〜基本編〜
  6. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  7. 五味子(ゴミシ)と五味調和
  8. アレルギーと薬物非アレルギー
  9. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  10. 風邪(ふうじゃ)と六淫
  11. 漢方薬の決まりごと
  12. キンモクセイの甘い香り【桂花茶】
  13. 秋の乾燥に薬膳食材【白キクラゲ】
  14. 生活習慣の気になるかたに【サルノコシカケ茶】
閉じる

花於菟~はなおと~ショップブログ

キンモクセイの甘い香り【桂花茶】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
225B8FDF-7579-408C-9124-CF6287FE6860

薬膳・漢方・中国茶の紹介サイト「花於菟~はなおと~」です。

キンモクセイの香りが気持ちをリラックスさせてくれますね。(苦手なかたもいらっしゃるかと思いますがご容赦下さい。)
キンモクセイをお茶にしたものは「桂花茶」と呼ばれています。

「香り」のあるものは、東洋医学では「気」の巡りを良くすると言われており、例えば蘇葉(シソの葉)や玫瑰(バラの蕾)などは、「気」が滞りイライラしたり息苦しさや動悸がするなどの状態「気滞」や、「気」が上半身に滞って のぼせたりゲップが出たりする「気逆」の状態を、緩和する働きがあります。

桂花茶もまた、同じような分類で、疲労回復作用、ストレス緩和、健胃、鎮静作用があります。

ノンカフェインなので寝る前にも飲むことができます。健康茶としても楽しめますし、分類としては花茶にも分けられます。

(お茶の種類については ⇒「中国茶・花茶・工芸茶の紹介」 をご参照ください)

桂花茶
225B8FDF-7579-408C-9124-CF6287FE6860

湯を注いで1分ほど蒸らせば飲むことができる簡単な花茶です。香りも甘く癒されますが、味もほのかな甘みがあって、心も体もリラックスできます。

2BC5B6BE-D67B-49F8-AAB6-279223C066A6

もしキンモクセイが苦手でないかたで、気滞・気逆などの症状が気になるかた、またリラックスしたいかたは、ぜひおススメです。

花於菟(はなおと)からでした。
こちらのブログや商品はポータルサイト「バイナビ」からもご確認いただけます。

●季節の薬膳については ⇒こちら
●季節の薬膳メニューや食材ご紹介は ⇒こちら
●東洋医学の体質分類については ⇒こちら
●中国茶・花茶・工芸茶
については こちら


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. 20170410_5

    母の日に宮廷の花茶セット【ポット/中国菓子つき】

  2. 20170322_2_3

    デザートに合う生薬・薬膳食材

  3. sarukoshi_01

    生活習慣の気になるかたに【サルノコシカケ茶】

  4. 20170324_2

    上品な茶会に【中国茶器セット】

  5. 20170315_1

    世界が認めた「育毛」技術【M-1育毛ミスト】

  6. IMG_0888

    ポットに天女?【工芸茶 百合天女】

おすすめ記事

  1. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  2. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  3. 【当サイト『花於菟』について】
  4. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  5. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  6. 季節の薬膳〜基本編〜
  7. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  8. デザートに合う生薬・薬膳食材
  9. 漢方の最高峰【冬虫夏草】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る