閉じる
  1. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  2. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  3. 【当サイト『花於菟』について】
  4. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  5. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  6. 季節の薬膳〜基本編〜
  7. デザートに合う生薬・薬膳食材
  8. 漢方の最高峰【冬虫夏草】
  9. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
閉じる
閉じる
  1. 【当サイト『花於菟』について】
  2. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  3. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  4. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  5. 季節の薬膳〜基本編〜
  6. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  7. 五味子(ゴミシ)と五味調和
  8. アレルギーと薬物非アレルギー
  9. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  10. 風邪(ふうじゃ)と六淫
  11. 漢方薬の決まりごと
  12. キンモクセイの甘い香り【桂花茶】
  13. 秋の乾燥に薬膳食材【白キクラゲ】
  14. 生活習慣の気になるかたに【サルノコシカケ茶】
閉じる

花於菟~はなおと~ショップブログ

東洋医学での体質分類【食材ご紹介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20170406_5

花於菟(はなおと)です。

薬膳に関することを紹介しています。春には春の季節に合った食材やメニューもご紹介しています

●花於菟(はなおと)については ⇒こちら
●季節の薬膳
については ⇒こちら
●季節の薬膳メニューや食材ご紹介は ⇒こちら
●中国茶・花茶・工芸茶
については ⇒こちら

今回は東洋医学での体質のおおまかな見分け方をご紹介します。

—————————————-

どうやって漢方薬などを処方するかというと、八綱弁証(はちこうべんしょう)により、八つの角度からその人の特徴をみて判断し、その人に一番合った処方を検討します。

陰/陽
虚/実
裏/表
寒/熱

この二つずつの組み合わせからその人の状態(=「」)を判断します。
また」は「虚、裏、寒」」は「実、表、熱」と くくります。

(ざっくりな例)
・「陰」: 色白でほっそり、気分が落ち込みやすく()、おなかをよく下し()、体は冷えやすい(
・「陽」: 赤ら顔、イライラして怒りっぽい()、皮膚炎など出やすい()、ほてりが多い(

本当に、ざっくりですが、もちろん、気分が落ち込みやすい()けど暑がり()の人もいます。
間違っても「じつは腹黒さん=陰・裏」とかではありません(笑)

—————————————-

これらの分類と、「気・血・水」のどれが不足・過剰か、更に「四診(望診・切診・聞診・問診)」で細かく見て、生薬や漢方薬を選んで処方します。

つまり、陰に傾いて不調の人、陽に傾いて不調の人は、それぞれ陰と陽の中間になるよう、バランスをとれる状態を目指します。

必ずしも、西洋医学の検査に引っかからない「未病」の人だけに処方するのではないですが、西洋医学では対応できない「未病」に応じたいとき、漢方はとても役立ちます。

—————————————-

ここで、またまた ざっくりですが、八綱弁証に沿って、おススメの食材をご紹介します。

《気虚・寒証》
気分が落ち込みやすく、なにかと億劫(おっくう)で、よく体が冷える
→ 気持ちが上に向き、体も温まるようにする。
食材: クコの実ナツメ冬虫夏草蜂花粉、生姜など
20170322_2_3 20170322_2_1 20170315_2_1 20170322_1_1

《実証・気滞(「」が滞っている状態)》
怒りっぽく、暑がり、ほてり、のぼせ
→ 体の熱を冷まし、「」の巡りを良くする。
食材: 薄荷(はっか)菊花など
20170407_1 20170406_5

使い方は、どれもお茶にしたり料理に混ぜるだけで良いものばかりです。

—————————————-

よければ東洋医学の方法で一般人でも出来るオーダーメード処方を如何ですか?

花於菟~はなおと~からでした。

こちらのブログや商品はバイナビでも確認出来ます。


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. 香ばしい【茶がゆ】レシピのご紹介

  2. アイコン

    【当サイト『花於菟』について】

  3. 20170213_4

    楊貴妃も愛用したスーパーフード【クコの実】

  4. 20170420_4

    婦人病を和らげる薬湯【ヨモギ風呂】

  5. C8D349EB-9F95-45DF-B6D8-5A1472F6320C

    秋の乾燥に薬膳食材【白キクラゲ】

  6. CFC46890-7A34-4ECA-ACDE-F72D2453F7E8

    漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について

おすすめ記事

  1. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  2. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  3. 【当サイト『花於菟』について】
  4. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  5. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  6. 季節の薬膳〜基本編〜
  7. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  8. デザートに合う生薬・薬膳食材
  9. 漢方の最高峰【冬虫夏草】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る