閉じる
  1. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  2. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  3. 【当サイト『花於菟』について】
  4. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  5. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  6. 季節の薬膳〜基本編〜
  7. 漢方の最高峰【冬虫夏草】
  8. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  9. デザートに合う生薬・薬膳食材
閉じる
閉じる
  1. 【当サイト『花於菟』について】
  2. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  3. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  4. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  5. 季節の薬膳〜基本編〜
  6. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  7. 五味子(ゴミシ)と五味調和
  8. アレルギーと薬物非アレルギー
  9. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  10. 風邪(ふうじゃ)と六淫
  11. 漢方薬の決まりごと
  12. キンモクセイの甘い香り【桂花茶】
  13. 秋の乾燥に薬膳食材【白キクラゲ】
  14. 生活習慣の気になるかたに【サルノコシカケ茶】
閉じる

花於菟~はなおと~ショップブログ

楊貴妃も愛用したスーパーフード【クコの実】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20170213_4

ナッツ売り場、お菓子つくりなどのコーナーにあるクコの実

さりげなく置かれていて、素通りの人もいらっしゃるのではないでしょうか。もちろん大好物の人も多いかとは思います。知らない人は本当にただただ今までご縁がなかっただけだと思います。

「見たことあるけど名前は知らない」「聞いたことあるけど食べたことない」「杏仁豆腐の飾り?」

 

なぜ食材として使われているのか、根拠はあるのです。

じつはクコの実は 生薬 つまり漢方薬や薬膳料理に使われる食材に分類されているのです。

 

こんなにも小さく、そしてほのかに甘くて可愛らしい赤い実が、なぜ注目されているのか。

ビタミン・ミネラル・食物繊維ポリフェノール、様々な栄養素がこの粒の中に濃縮されています。古代中国では 不老長寿の果実 として、楊貴妃にも愛されました。現代では海外セレブも御用達なのです。

20170213_1

生薬としての効能は、 疲労・無気力・眼精疲労・頭痛 などの回復。その理由は「肝臓」の働きを高めるからなのです。昔は「肝・腎」が弱っている人への治療に使われていました。

薬食同源(食べて治す・食材が薬である)」という考えのもと、あらゆる食材は古代から研究されてきており、そのひとつが、この「クコの実」なのです。

 

 

そんな東洋のスーパーフード 【クコの実は、「逸品セレクション」というショップから安く手に入れることが出来ます。

また「バイナビ」からもご確認できます。

 

使用方法(参考まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「どうやって食べるの?」

使用用途は様々で、クセがないため本当にお好みに合わせて使うことが出来ます。

① 水に戻してから、デザートに、サラダに、炊き込みご飯に

② 煮出すまたは煎じる(水から煮出していくこと)、他のお茶に混ぜる

③ シロップ漬けにする、コンポートにする

④ 薬酒(焼酎、ホワイトリカー、ブランデー、紹興酒などに3~6か月浸ける)

おススメは薬酒です。

食前・寝る前に飲めば美容や疲労回復などに役立ちます。

20170213_2 20170213_3

「1日にどれぐらい摂るといいの?」

1日 5粒

がちょうどよいです。

「効能がある = 副作用もある」と考えられます。

効能が高いものほど、食べすぎると毒性も出てきます。

カリウムや食物繊維が多いのでおなかが緩くなる場合もあります。

また妊娠中の方は、早産や流産の危険性もあるので控えたほうが良いです。

(カフェインやモルヒネなどのアルカロイドに類似する化学物質による)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

食を「薬」として考える東洋医学では、どんな食べ物も食べすぎると害が出ると言われています。まさに「薬も毒になる」ということですね。何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し(孔子)」です。東洋医学の大ファンだった徳川家康もまたその孔子の言葉をアレンジし、「及ばざるは過ぎたるより勝れり」と言っています。

かといって何も食べなくなるのは健康に害が出ます。決まった量を食べ続けると「薬」に勝るのが「薬食同源」です。クコの実も、「1日5粒」を食べ続けることは美容・健康維持につながります。

楊貴妃のご愛用 東洋のスーパーフード【クコの実】で、薬食同源の第一歩を歩んでみませんか?

20170213_4

購入できるサイト…【逸品セレクション


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. 20170414_1

    花粉症の症状の緩和に漢方茶【桶通茶】

  2. 20170411_1

    宝石のようなお茶【八宝茶】3種類&ポット付き

  3. 20170315_1

    世界が認めた「育毛」技術【M-1育毛ミスト】

  4. 20170414_6

    数種類の生薬配合【薬膳がゆ】

  5. IMG_0889

    生薬で出来た入浴剤【本草 七薬湯】

  6. 20170420_4

    婦人病を和らげる薬湯【ヨモギ風呂】

おすすめ記事

  1. 中国茶・花茶・工芸茶のご紹介
  2. 季節の薬膳〜食材,メニュー編
  3. 【当サイト『花於菟』について】
  4. 【中医学】七つの感情と五臓・六腑への影響
  5. 東洋医学での体質分類【食材ご紹介】
  6. 季節の薬膳〜基本編〜
  7. 漢方と和漢、漢方薬の処方「君臣佐使」について
  8. デザートに合う生薬・薬膳食材
  9. 漢方の最高峰【冬虫夏草】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る