閉じる
  1. 金山寺味噌 醤油発祥の話【丸新本家】
  2. 和歌山の梅の話:南高梅の発祥
  3. 和歌山の有田みかん 3種類のみかんジュース【早和果樹園】
  4. 和歌山南高梅の梅酒【中野BC】
閉じる
閉じる
  1. 和歌山 クエ
  2. 真妻わさび
  3. 和歌山 有田川町 あらぎ島
  4. 和歌山 ぶどう山椒
  5. 和歌山湯浅町のしらす
  6. 和歌山県すさみ町 イノブタ
  7. 和歌山の梅干サイト:JA紀州、勝僖梅
  8. 和歌山の梅干サイト:河本食品
  9. 和歌山の梅干サイト:猿梅
  10. 和歌山の梅干サイト:梅翁園
閉じる

逸品セレクト

真妻わさび

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国産のわさびは種類が数多いですが、その中でも和歌山県の印南町川又で生産されている真妻わさびは強い存在感を放っています。こちらは最高級のわさびと紹介されることも珍しくはなく、国産のわさびの中でも特に名前が知られているブランドです。静岡県など真妻わさびは全国で栽培されてはいるものの、そのルーツである和歌山県の印南町にも注目が集まっています。もっとも、この注目は必ずしもよい意味ばかりではなく、真妻わさびの道のりは決して順調ではありませんでした。

1960年代頃までは印南町は日本でも屈指のわさび生産地として知られていましたが、色々な事情が重なり生産が途絶えてしまいます。このわさびに注目した静岡県から全国に広まっていく一方で、ルーツであるはずの町ではわさびが廃れていきました。しかし、真妻わさびを復活させようという農家が出てきたことから、再び注目を集めています。

こちらのわさびは味の面で高く評価されており、当然ながらわさびならではの辛味を感じられるのですが、それに加えて甘みが強いのも大きな特徴です。わさびと甘みは全く対極的な場所にあるものというイメージがあるかもしれませんが、この辛味と甘みのバランスこそ高く評価されている理由の1つです。どうしてわさびは辛く感じられるか、それはミロシナーゼとシニグリン配糖体が反応してアリルイソチオシアネートができるからであり、真妻わさびを購入してから細かくすりおろすことでより辛味を引き出せます。


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. 日本酒の特定名称【中野BC】

  2. 和歌山の梅の話:世界農業遺産

  3. 和歌山の梅干サイト:猿梅

  4. 和歌山の梅の話:南高梅の発祥

  5. 梅の効用【中野BC】

  6. 中野BCの歴史と日本酒【中野BC】

おすすめ記事

  1. 和歌山の梅の話:南高梅の発祥
  2. 和歌山南高梅の梅酒【中野BC】
  3. 金山寺味噌 醤油発祥の話【丸新本家】
  4. 和歌山の有田みかん 3種類のみかんジュース【早和果樹園】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る