閉じる
閉じる
閉じる
  1. ■シュークリームの由来・歴史を調べたらおもしろい!
  2. アップルパイの気になる生地について!
  3. 特集第2段 クリスマスケーキの由来、起源は?
  4. あなたはいくつ知っている?ピザの名前の由来について!
  5. ステーキよりも美味しいローストビーフクリスマス、ご贈答用に!
  6. 皆さんご存知でしたか?日本は世界で一番ウニを消費している国なのです。
  7. あなたの知りたいマヌカハニーの効果・マヌカハニー効能について!
  8. お正月のおせちにおせちに数の子が入っている理由・意味とは!
  9. 幅広い層に大人気の“寿司”。イクラは何位にランクインでしょうか?
  10. そろそろこの季節!お歳暮で有名な新巻鮭の始まり 製法や塩抜き方法と食べ…
閉じる

herba777

お歳暮、クリスマスにこちらの商品はいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペリーの来航から10年後の文久3年(1863年)、開港間もない横浜に
英国人ウイリアム・カーチスが上陸しました。

横浜山手に大規模な農園をつくり、居留地に住む外国人向けに西洋野菜を販売し、
成功しています。

さらに彼は、明治7年(1874年)、鎌倉郡下柏尾村に開いた観光ホテルの裏に
牧場をつくり、家畜を育て、ハム、ベーコン、牛乳、バターの製造を始めました。
明治17年(1884年)、地震による工場の出火を村人が消火した恩に報い、ついに秘伝の製法を村人に伝授。後にカーチスは日本を去りましたが鎌倉の地には、ハムの製造者、技術者が確実に育っていきました。
製造されたハムは鎌倉、箱根、横浜の一流ホテルに卸され、
宿泊客の評判となり、発祥の地名から『鎌倉ハム』として広まっています。

大船軒で明治32年(1899年)、ハムサンドウィッチを売り出したところ、
これが大評判となり、やがて多数の食料品業者からハムだけの注文が
くるようになりました。

1971_img  鎌倉ハム

明治33年(1900年)、「鎌倉ハム富岡商会」として、
ハム製造部門を独立させ製造を開始しました。「鎌倉ハム富岡商会」の
百年を超えるハム作りの歴史は、まさにこの時にスタートしたのです。

自社工場内に冷蔵庫棟を建設。ハムづくりの先進国欧米の情報や進んだ技術を取り入れ、
時代に先駆けて冷蔵庫利用に踏み切ったのです。
電力利用の近代工場が鎌倉に出現したことは、電気がまだ一般に利用されていない当時、
まさに「驚異」としかいいようのない出来事だったと伝えられています。

img_l
皆さんお馴染みの、ロースハムを発売。
このロースハムはヒット商品となり、贅沢品であったハムは、
全国の食卓へと広がっていきます。

お酒のおつまみに、クリスマスのオードブルなどのまた、おせち料理など
にも重宝されますね!

例によりいくつかご紹介してみます。

鎌倉ハム富岡商会ギフト
御歳暮 朝食 オードブル お弁当 おかず 贈答用 贈答品などに

https://a.r10.to/hvo8GX

https://a.r10.to/hDpqUi

お歳暮 ハム ハムギフト 本格派 日本ハムギフト

https://a.r10.to/hvi3e0

松阪牛100%黄金ハンバーグ【美味し国 三重 昔ながらの上質グルメハム】
御祝 などの ギフト にピッタリ!

https://a.r10.to/hvFsyB

御歳暮ギフト】【御年賀ギフト】
【メーカー直送】伊藤ハム
「伝承 DKB-501」

https://a.r10.to/hr7rVw

雪国ハムセットC(北のデリシャスオリジナル)

https://a.r10.to/hvPcNz


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. 800033  ロービー2

    ステーキよりも美味しいローストビーフクリスマス、ご贈答用に!

  2. imgrc0062850682  リンゴ

    秋も深まりつつありますね!来月リンゴ狩りでもいこうかな?

  3. 幅広い層に大人気の“寿司”。イクラは何位にランクインでしょうか?…

  4. ダウンロード

    ■シュークリームの由来・歴史を調べたらおもしろい!

  5. Hello world!

  6. sp_detail_main_PS_KCK_0795L  pizza1

    あなたはいくつ知っている?ピザの名前の由来について!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る