閉じる
  1. 羊の数を数えるよりも。。。
閉じる
閉じる
  1. 冬至の日にはかぼちゃとゆず。でも我が家では・・・?
  2. 母の日。
  3. 花言葉。
  4. 植物に学ぶ
  5. 羊の数を数えるよりも。。。
  6. 植物のちから。
  7. 我慢。
  8. 美容と健康のために・・・(その2 )
  9. イライラ。
  10. 夏に向けて。
閉じる

berry

植物に学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

・植物が持つ、意外な効能

こんにちは、berryです。昼間は風が吹いていて、少し肌寒かったです。

今日はお日様にはあまり会えなかったなぁ。。。(>_< )

でも雨の後、たくさんの植物たちが、雨の恵みを喜んでいました(*^0^*)

a0960_007906

a1400_000504

雨上がりの後に外に出ると、木々の葉についていたほこりが取れて、

とても美しい緑になります(*^0^*)

見ているととても穏やかな気持ちになれますね。

おや、よく見ると柏の木もありますね。

a0960_008161

 

そういえばもうじき『子供の日』ですね。どこのお宅も、

柏もちやちまきを買ってお祝いされるのかな?

何故柏もちや粽が食べれるようになったのでしょうね?

私もあまり疑問には思っていませんでした(^ ^;

 

・柏の葉のメリット

調べて見ると柏もちが作られ食べられるようになったのは江戸時代。

徳川十代将軍家重のころだといわれています。もともとはサルトリイバラと

という植物の葉にくるまれたものでしたが、集めるのが大変難しかっ

ため、柏の葉が用いられるようになったということのようです。

また柏の葉は新芽が育つまで古い葉が落ちないことから「子孫繁栄が

途絶える事はない(代切れがない)」といわれ、縁起物として

扱われています。親が子供が無事に育ちますようにと願って

作られるものなんですね(*^0^*)

他にもこんなメリットがあるようです。

①香りがよい

柏の葉には食べるのに邪魔にならない、ほのかに香るかおりがあります。

香りづけのために巻いたのではという説もあります。

②殺菌のため

柏の葉にはゲラニオールといった殺菌作用のある成分が含まれていて、

食事からのばい菌の進入を防いでくれています。このゲラにオールクローブ

ローリエシナモンといった、精油の材料となる植物にも含まれています。

私たちは知らず知らずのうちに植物から守られているのですね(*^0^*)

③保存が利くようにするため

昔は今のように電化製品がない。もちろん、冷蔵庫もありませんでした。

おもちが痛まないように、長く保存できるように植物の葉でくるむこと

によって、保存ができるようにしたとも考えられているようです。

 

子供の日にいただく柏もちの葉ですが、こんなメリットがあったなんて

本当に気がつきませんでした。

・粽(ちまき)を食べる意味は?

粽(ちまき)も五月五日、子供の日にやはり食べられますが、

こちらも調べて見ると現在は笹の葉でくるんで作られていますが、

昔は茅(ちがや)の葉でくるんで作られていました。やがて

茅の葉でくるんだものだから「ちまき(粽)」といわれるようになったとも

あります。奈良時代に中国からお供えと一緒に伝わったといういわれが

あるようです。粽は他の国でも作られていて、いろんな種類があります。

日本で粽が食べられるようになったのは、中国の故事にある

屈原(くつげん)の話に基づくものとされています。

【端午の節句】ちまき2本・かしわ餅4個入(こし餡・つぶ餡)初節句に【楽ギフ_のし】【楽ギフ_包装】【あす楽対応】【RCP】和菓子、生菓子、プチギフト、誕生日、プレゼント、お取り寄せ、老舗、おくりもの、手土産

 

粽と柏餅、どちらも何気に食べていましたが、植物の特性になぞられて

作られたものだったんですね。

植物と私たちの関係は、切ろうと思っても切れませんね。

・応用編

さきほどお話に出てきたクローブですが、とてもスパイシィで、

刺激の強い香りがありま。そのため、前回にもお話させていただきましたが

虫除けにもピッタリ。

クローブ精油30ml

クローブ(丁子)の香りはまた、食欲がない私たちのおなかに刺激を

与え、元気を取り戻してくれます(^^)/

まったり、ほっこりで、和み時間が訪れますように。。。(*^0^*)

 

 

 

 

 

 


buy-naviはあなたの「欲しい」をカタチにします。
掲載商品、サービスの詳細はこちら

buy-naviで「モニター会員」として副業をしませんか?
簡単な記事の作成などをお願いしています。
初めての方でも安心して取り組む事ができ副収入をゲットできます。
モニター会員に関するご質問、お申込みはこちら

関連記事

  1. 冬至の日にはかぼちゃとゆず。でも我が家では・・・?

  2. どこから来るの?(その1)

  3. がんばってください。

  4. やってしまった~(>_< )

  5. スイーツでお花見気分♪

  6. 辛いのはイヤ(>_< )

おすすめ記事

  1. 羊の数を数えるよりも。。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る